新宿区 青梅市 あきる野市 羽村市 福生市 武蔵村山市 東大和市 東村山市 清瀬市 東久留米市 西東京市 立川市 昭島市 小平市 国分寺市 国立市 小金井市 武蔵野市 三鷹市 練馬区 中野区 杉並区 八王子市 日野市 府中市 多摩市 稲城市 調布市 狛江市 町田市 豊島区 世田谷区 渋谷区 板橋区 文京区 千代田区 台東区 中央区 北区 荒川区 足立区 墨田区 葛飾区 目黒区 江戸川区 江東区 大田区 品川区 港区

わたしたち職員は、社会的養護下に置かれている児童と一緒に生活を共にする中で、 本当の支援が出来ていないことを強く痛感しました。


世間では児童養護施設に対する運動などが、報道で取り上げられております。素晴らしい運動ではありますが、入所している児童にしてみたら寄付にそこまで依存性を感じられていないのが現状だと把握しております。
何故かというと、児童養護施設での児童の生活は、国、自治体から手厚く保証されているからです。生活基準は一般の家庭、いやそれ以上かも知れません。食費、学費、趣味、衣服費、おやつ、お小遣いまでしっかり整備されております。辛いのは、ぽっかりと穴が開いた心の痛みのみ。寄付に依存している施設は、自治体のマネージメント能力、施設自体の運営方法に問題があるのかと思われます。
児童にとって一番支援して欲しいことは、退所してからの生活費などです。皆様にも夢があるかと思いますが、醜い環境下に置かれた児童達にも立派な夢があります。夢が無い子は児童が置かれていた生活・社会環境が原因です。
私達職員が今出来ることは、退所した児童の為に、基金を作ることです。そして未来を見させてあげることです。皆様一緒に動きましょう!そして力を合わせましょう!動けば必ず環境は変わるはずです。

理事長 江原 均


江原
NPO法人日本チャリティ活動支援協会 理事長

児童養護施設 児童指導員

江原 均 (えはら ひとし)

経歴
臨床心理学の大学を卒業後、法政大学へ入学し経済学を学ぶ。現在、某児童養護施設の児童指導員として勤務する傍ら、NPO法人の運営を行っている。
コメント
職員として培った知識、人脈を生かし、社会的養護が必要な子どもの将来を、明るい社会にするためにNPO法人を立ち上げ日々探求している。 現在は現場で働く職員を集い、児童養護施設を卒園した子どもたちの生活を守る基金をつくったり、企業とCSRの強化を深めている。今後は、認定NPO法人を申請し、ソーシャルビジネスを本格的にアライアンスしていく予定である。
動画でご紹介中!

組織について

名称 特定非営利活動法人 日本チャリティ活動支援協会
(英:Charity Activity Support Japan)
設立 2008年12月1日(有志団体設立)
2010年5月10日(NPO法人認証)
所在地 埼玉県川口市根岸3789番地の2 2F
連絡先 048-446-7333 (本部)
役員 7名
理事長 江原 均 (エハラヒトシ)
副理事長 上原 恵介(ウエハラケイスケ)
事務局長 本郷 暁洋(ホンゴウアキヒロ)
理事 鈴木 隆文 (スズキタカフミ)
他3名
運営委員 カメラマン 中村 俊也(ナカムラシュンヤ)
動画クリエイター 木崎 雄也
協力 児童養護施設 施設長・職員
児童養護施設 卒園者
活動 退所児童アフターケアー基金運営
全国児童養護施設総合寄付サイト運営
児童養護施設ボランティア育成、資金支援
退所児童アフターケアー研究会(月2回実施)

▲ページ上部へ

Copyright©2013 児童養護施設総合寄付サイト All rights reserved.