巣立ち基金について

巣立ち基金とは

地域の住民・企業が、地域の児童養護施設の
子どもたちの巣立ちを支援する
巣立ち基金とは

昨今、TV、新聞、インターネット、ラジオ等で、児童虐待という言葉を
目にしたり耳にしたりすることが増えてきているのではないでしょうか。

実際に目にした時、耳にした時、あなたはどのようなお気持ちになりますでしょうか。
胸を締めつけられ、とても可哀想だというお気持ちになり、
どうしてそんなことをするのか?と信じられないお気持ちになることでしょう。

しかし、実際に虐待を受けている子ども達は、私たちの想像を上回る劣悪な環境下に置かれ、
どうしようもない苦しみに襲われひたすら耐えているのが実情です。

巣立ち基金とは

大好きだったお母さん 大好きだったお父さん

大人の身勝手な理由により、児童養護施設での暮らしを余儀なくされた子ども達

涙が枯れるほどの涙を流しても、大声で騒ぎ職員に当たっても
苛立ちを抑えられず、モノに当たって拳を傷つけても

時期がくるまで大人達は何も教えてくれないし、
環境は何も変わらない

ただただ、児童養護施設の環境に慣れ、子ども同士の上下関係に慣れ、
職員の顔を伺いながら生活をしていく

巣立ち基金とは

そんな生活の中での唯一の希望が
自分が良い子になって
大好きなお母さん、お父さんに迎えにきてもらう

巣立ち基金とは

お母さん、お父さんが
暴言、暴力を振るわない優しい人となって迎えにきてもらう
子ども達は
優しいお母さん、お父さんに変身することをみんな望む

子ども達の夢…
本当は優しいお母さんとお父さんと一緒に暮らすこと

だが、現実は異なる

夢や目標を応援するために
“夢”や“目標”を応援するために
《こどもの詩》中2/女の子

信じられるのは自分

また暗い闇が襲って来たよ
また孤独との戦いが始まる

自分だけ取り残され
自分だけがここに居る

きみへの恨みは変わらないよ
頭を下げ、涙を流しても

でもさ
温かさだけは欲しいな
このコップいっぱいに入ったホットココアみたいに

会いたいよでも会えない
会いたくないよでも会いたい

ほらみて
雨が降ってきたね

わたしたちは、一人ひとりの子どもを応援する

中学2年生の女の子が書いた詩です。
辛いも思いを強いられ環境下で子ども達が成長していきます。

その過程で、先生になってみたいな。ケーキ屋さんって面白そう。という夢や目標が出来たのなら、
あなただったらどうしますか?

もちろん応援しますよね。

だが世の中はそんなに甘くないのが実情です。
夢は夢、現実社会はそんな甘いものではないと、子ども達に、教える職員が大半ではないでしょうか。

理由も明確です。
夢を叶えるためにはお金が必要だからです。
例えば、漫画家になりたいとう子どもがおります。
漫画家になれるのは一握りです。
専門学校、大学を出ても、才能がある子どもしか漫画家になることはできないでしょう。
どんな時でも始めに直面するのがお金の問題です。

あなたならどうしますか?

わたしたち職員の考えは
「お金が必要であれば、お金を作れば良い!」という考え方です。
だってお金があれば夢を応援できる環境が築けるのですから。

わたしたちは、一人ひとりの子どもの夢や目標を応援できる環境創りをしております。
仮に失敗しても、そこからスタートすれば良い!
チャレンジすることに意味があるのだから“夢”や“目標”を応援するための基金が“巣立ち基金”です。

巣立ち基金の使われ方
巣立ち基金の使われ方
寄付者・企業
寄付者・企業
寄付金
寄付金
全国児童養護施設
総合寄付サイト
寄付金を施設へ振り分け
寄付金を施設へ振り分け
全国児童養護施設
卒園式で渡す
卒園式で渡す
卒園する子ども
夢、目標へ向かう
夢、目標へ向かう
社会
巣立ち基金のミッション
phase
1
失敗できるフィールド創りとして、卒園後3ヶ月分の家賃援助
全国の児童養護施設にアンケート調査をした結果、夢、目標を実現させる前に、
初期の家賃援助をしてほしいという意見が7割あったため
phase
2
大学、専門学校、教材費などを援助
奨学金制度はあるが、返済が困難だと問題視されている。
夢、目標を実現させるために返済なしの援助という形をとる
巣立ち基金のシンボルマーク
みんなで広げよう巣立ち基金のシンボルマーク
このシンボルマークは、「わたしたちは児童養護施設の子ども達の夢を叶えるサポーターです」の意味が込められております。一緒にシンボルマークを普及させてくれる方を募集しております。
齋藤善子
巣立ち基金のシンボルマーク製作者
カブ・デザイン 代表取締役
齋藤 善子(さいとう よしこ)
経歴
武蔵野美術大学を卒業後、KAB design!という会社を設立。独自の発想力、企画力、デザインセンスを活かし、大手企業から中小企業の製品や広報物のデザインを担当し成果を残す。その成果が認められロボットのデザイン・開発なども幅広く手掛ける。

寄付を受けた施設の声

寄付する

寄付する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

はじめて寄付をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP