現場職員として何ができるのか

2018年01月30日
児童養護施設

現場職員として何ができるのか

現代の児童養護施設では、血縁関係が全くない児童は少しづつですが減少傾向にあります。

しかし血縁関係があっても行方不明や虐待による家族の分離等で卒園しても係りがないに等しい児童は存在します。

それ以外にもありますがそのような環境を除くと大体の場合家族との関わり(面会等)は成立しています。

中学生A君の話

私が知っている当時、中学生のA君はある事情で幼い頃に施設にやってきました。

A君の家族は施設に面会に来て本人もそれを心待ちにしていました。

しかし年を重ねると共にA君に会いに来る回数も減りやがて全くなくなってしまいました。

当時はA君も家族に電話をしていましたが、それも段々と繋がらない状態になってしまったのです。

そのまま何も連絡がないまま彼は中学生になりました。すると最近になって近くに家族が住んでいることが

分かったのです。私はA君に家族に会いにいってみては?と聞いたことがあります。

すると彼は決まって首を横に振り応えます。「俺のこと覚えてないのが怖い」と

彼はそのまま施設から社会に一人で出ていくことを選びました。

彼は家族等の庇護は望めないので社員寮のある会社を選択しなければならず

社会で起きる様々な困難に対して一人で乗り切っていく道を選びました。

当時、私はそんな彼に何もできず悔しい思いをしたのは今でも覚えています。

だからこそ現場職員として彼のような子どもたちを全力で支えたいと考えています。

しかし私1人ではどうすることもできません。だからこそみなさまからの力を貸してください。

寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP