ボランティア時代の出逢い

2018年05月16日
児童養護施設

ボランティア時代の出逢い

 

ボランティア時代の出逢い

 

私は児童養護施設で務める前に、都内の某施設でボランティアをしておりました。

そこで出逢ったのが山本昌子ちゃんです。

彼女は明るく子ども達のリーダー的な存在だったなと記憶しております。

 

そんな彼女の今の活動が、児童養護施設を卒園した子ども達に成人式の前撮り写真をプレゼントしているそうです。

(詳細につきましては以下をご参照ください)

 

とても素晴らしい活動ですので、私たちも彼女の活動を心から応援しております。

 

今回はフォアミセス2018年6月号で彼女の生い立ちを漫画で特集されております。

是非、手にとってご覧いただけたらと思い記事にさせていただきました。

↓こちらからご購入いただけます。

雑誌の購入をする

 

 

ACHAプロジェクト代表言葉

はじめまして、ACHAプロジェクト代表の山本昌子です。

私たちの活動の思いとしましては児童養護施設を巣立ち頑張っている人達に振袖を着ての前撮りと未来への一歩をプレゼントしたいと考えております。

 

華やかで、一生の記念にもなる成人式

衣装のレンタルや着付け、ヘアメイク、 撮影まで含めると前後はありますが、10万円ほどかかってしまいます。

さらに振袖の場合は、レンタルで15~20万、購入となると30~150万ほど予算が必要です。

偏見なく聞いていただきたいのですが、親御さんや親戚縁者の方々からのお祝いとしてのプレゼントやあるいは支援してくださる方のいる環境は、本当にとても素晴らしいことだと感じています。 児童養護施設を卒業したばかりで、成人式を迎えるとなると、そのハードルは非常に高く負担が重くのしかかり、その費用の高額さに諦めざる得ないという現実が突きつけられてしまいます。

このプロジェクトの代表である私自身生後4か月から児童養護施設で育ちました。

成人式には振袖を着れないということもあり諦め欠席しました。前撮りも諦めていました。

周りの大人の方々からは「成人式行っておいでよ」など沢山のお声掛けをいただきましたが、私自身は「興味ない」と口では言っていました。

でも本当は行きたかったというのが本音でした。

そんな中ある知人の方が、「少しでも自分は大切にされる存在だと思って生きてほしい」と費用を全額サポートしてくださり後撮りをさせていただくことができました。諦めていた私にとってこの経験がとても嬉しく生きる勇気とへと繋がったと感じています。

この経験がプロジェクトを行うきっかけにも繋がりました。

 

この感動と感謝を次に繋げたい…

自分が体験した感動だからこそ、この喜びを多くの同じ境遇の方々にも感じてほしい、そう考えています。

親御さんや、親戚縁者にお祝いしていただける皆さんも「当たり前」でないことを理解していただけたら嬉しいです

できることは、「小さい」かもしれません…でも、アットホーム感を大切にただ撮影をするだけでなく「必ず」あなたの笑顔が見れるように最高の思い出や記念になるように全力でサポートさせていただきます。

まだまだ駆け出しですがお力添えよろしくお願いします。

なお、素敵な沢山の出会いやお力添えに心から感謝しております。これかもACHAプロジェクトをよろしくお願いいたします。

ACHAプロジェクト代表  山本昌子

ホームページ
https://achaproject.org

クラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/43395

 

 

私たちは児童養護施設で育つ子ども達の

夢を応援できる環境を整備するために活動しております。

そのためには皆様からのご支援が必要です。

子ども達の未来を一緒に変えて行きましょう!

寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP