職員として

2018年10月16日
児童養護施設

職員として

こんな私ですが月日は早いもので大学を卒業し

新人職員として児童養護施設で働き始めて、何年か経ちました。

入職した頃に比べると少しづつではありますが、子ども達との関係もできてきて

こんな私でも子ども達の就職や進学など卒園後の進路に関わる仕事も増えてきました。

私が働き始めたのは大学卒業後の22歳。それまでは正直、卒業まで親に頼りっぱなしの生活でした。

学生生活の中で自分で洗濯物や皿洗いなどをしていたとは、胸を張っては言えません。

そんな私が職員になった途端、子ども達に対して食べた皿を自分で洗うように声をかけたり

洗濯を自分でするように声をかけたりと、自分自身があまりしてこなかった事を

必要であるからと説き声をかけるのは、今でも何だか少し複雑な気持ちです。

だからこそ、まだまだ職員としては未熟な私ですが子どもに言っている事を

自分にも言い聞かせ「自分自身の育て直し」もしながら

私なりのできる事(支援)を探し、子ども達と向き合い、現在も現場で働いています。

寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP