子ども達が見ている大人

2018年10月17日
児童養護施設

子ども達が見ている大人

昨日、メディアで報道されているニュースを見て、悲しい気持ちになりました。

南青山に児童相談所を建設する反対の理由で物議を醸しているのです。

「港区女子」なる言葉も誕生し、そのオシャレで洗練された場所に特別な憧れを抱く人も多いと思います。

 

港区は、201711月に南青山の国の施設の跡地を購入しました。

「児童相談所」をはじめ、DV被害者を一時保護する母子生活支援施設などが入る、「(仮称)子ども支援センター」を、総工費およそ100億円かけて建設を予定しています。

10月16日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、14日に行われたという周辺住民への説明会の様子を収めたVTRが放送されました。

施設の機能として、「触法少年の保護」や「DV被害に遭った子供とその家族が一時的に保護する」との内容に、「事前に十分な説明がなかった」「なぜ他の場所ではなく南青山でなければいけないのか」などと、住民たちから不満の声があがっています。

 

問題定義の一つ 港区の価値が下がる

住民たちが不安を抱いている「触法少年たちの管理」についてです。

行政の担当者は「施設の中に滞在することとなり、外で自由な行動をするということはない」と説明をしています。

しかし、その後も周辺住民からの抗議が怒号となって飛び交う場面もありました。

 

説明会で寄せられた住民たちの声

住民A 「全然青山じゃなくていいんじゃないですか?」

住民B 「田町とか広いところいっぱいあるじゃない」

住民C 「こういう子供の施設を造ろうとしていることに関しては賛成です。ただ、表参道の超一等地に、あそこは完全な商業地なわけですよ。そこにそういうものを持ってきたときに、『港区としての価値』が下がるんじゃないかと思うんですね」

何故、南青山に建設する必要があるのか、という質問について、行政担当者は「全ての機能を収容できる土地がここしかなかったから」と説明しています。「港区の価値が下がる」との訴えに、会場から拍手が沸き起こったそうです。

 

大人をみて子どもは育つ

メディアで放送されているということは、子ども達も目にしています。

この問題は他人事ではなく、自分自身にも問わなければならない問題だと感じました。

そう、社会を創っているのは私たち大人だからです。

子ども達が大人に対するイメージを、一人でも多く変えなければ社会は良くなりませんし、また同じ問題が発生すると思います。

私たちができることから始めましょう!!

 

皆様へご寄付のお願い!

全国の児童養護施設を卒園する子どもたちへ届ける

来年31日に全国の児童養護施設を卒園する子ども達一人一人に巣立ち基金を送ります。これは生活準備金です。卒園式で渡す予定になっております。

ですが、まだ寄付額が目標の金額まで集まっておりません。

どうかお力を貸して下さい。

寄付はこちら → クリック

遺贈はこちら → クリック

 

児童養護施設版クラウドファンディング

プロのサックス奏者になるために音大へ行き学びたい!熊井晴菜プロジェクト

まだ達成金額に達しておりません。

どうかお力添えお願い致します

寄付はこちら → クリック

 

オフィシャルキャラクター もっち〜 LINEスタンプで登場

オフィシャルキャラクターのもっち〜がLINEスタンプで登場してから、人気が上がってきております。漫画家のO.Sさんが描いてくれたものになります。

ダウンロードはこちら → クリック

寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP