旭児童ホームの施設情報

旭児童ホーム

旭児童ホーム
施設所在地
〒241-0001 横浜市旭区上白根町914-7
施設について
1.家庭的養護を推進・実践するために入所児童は地域の中で出来る限り小規模で家庭的な環境の中で生活を送ります。2.施設機能の総合化を図り多職種の連携により児童の養育にあたります。3.日常生活に根差した平凡な養育のいとなみの質を追求するため、栄養面・衛生面に配慮した「当たり前の生活」を提供します。

旭児童ホームに寄付をして頂ける方へ

旭児童ホームの声

施設スタッフからの声

スタッフの声もっと見る

Q1:卒園する児童に対して、資金提供があった場合、どのような使い道をされますか?
以前と比べ就職等に進路を選ぶ子には行政から、わずかではあるが自立資金(免許取得費用・アパートの契約時の資金など)が出るようになりましたが、それでも全般的に自立資金は不足しています。そのため一旦貯金させていただき、多額の自立資金が必要な進学などに充てたいと考えています。

Q2:卒園する児童に対して、安心できるケアをするには、どのくらい資金援助が必要ですか?
アパート契約資金、数ヶ月の生活費。また18歳で卒園した子が就職先で続かず、施設に戻ってくるしかない時、彼らの生活費を現状は施設が自己負担している為、そのような子たちの為に資金援助があると助かります。

現場スタッS.O

ファーストチャレンジ
卒園する子ども1人の援助
家賃1ヶ月分 30,000
(家賃/全国平均)
1施設当たりの卒園者数
毎年 3.5
(全国平均)
掲載している児童養護施設数
583 施設
目標金額
¥61,525,000
現在金額
¥491,265
※1ヶ月に1度更新しています。

旭児童ホームに寄付して頂ける方へ

こちらから寄付する方法をお選びください

私達の施設は、子ども達の未来を真剣に考えて下さっている
素敵サポーターに支えられております

わたしたちが応援しております!

社会福祉法人 全国社会福祉協議会
全国児童養護施設協議会 副会長
二葉学園 統括施設長
武藤 素明(むとう そめい)さん
特定非営利活動法人社会的養護の当事者参加推進団体
日向ぼっこ理事長
渡井 隆行(わたい たかゆき)さん

企業スポンサー様

地域の児童養護施設が地域の企業スポンサーを必要としております。お申込みはこちらから

寄付を受けた施設の声

寄付する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

はじめて寄付をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP