バット博士記念ホームの施設情報

バット博士記念ホーム

バット博士記念ホーム
施設所在地
〒194-0202 東京都町田市下小山田町2745-1
施設について
バット博士記念ホームは設立以来変わらずに大切にしている理念があります。
第1は、「一人ひとりの子どもを大切にすること」です。 CCF運動から受け継がれたキリスト教の隣人愛に基づいた支援方法は、一人の大人が継続して子ども達と人格的つながりを持つことを大切にしていました。 私たちは神から託された一人一人の子どもが尊重される社会の実現を目指しています。 子どもの権利を守り、誇りをもった一人の人間として成長していけるように教育し、育てたいと願っています。 「子どもの権利条約」はじめ国内法などに規定されている子どもの権利を保証するため、園長はじめ職員が子どもの権利擁護の実践を目指しています。
第2は、「小舎制による家庭的養育」です。設立以来子どもたちを出来るだけ家庭的な環境で養育したいとの思いから、少人数で生活できる環境を整えてきました。 園内には家庭舎と呼ばれる4つの戸建ての家があり、それぞれ7~8人程度の子どもたちが職員3名と一緒に暮らしています。 地域には3つのグループホームがあり6名程度の子ども達が職員と一緒に生活しています。 各家庭舎には子ども達との愛着関係を構築する役割を持つ担当保母がおり、恒常的な人間関係を通して信頼関係を築き、人間性の回復・形成をしていくことを目標としています。 ケアを担当する職員は原則、住み込みで勤務し子ども達と共に生きる生活を実践しています。
第3は、「キリスト教養育」ならびに「専門職チームによる支援」です。 ホームはキリスト教社会福祉の実践の場としての事業であり、職員は全員クリスチャンです。 「行って、あなたも同じようにしなさい。」(ルカ・10:37)というイエス・キリストの言葉によって召しだされた者たちの働きであり、同じ信仰の土台に立った価値観・倫理観を持つことが私たちの目標です。 また、職員は保育士、社会福祉士、臨床心理士等の有資格者を中心としており、ニーズに沿った研修を受けながら日々質の高い養護が実践できるように研鑽を積んでいます。
セカンドチャレンジ
卒園する子ども1人の援助
家賃3ヶ月分 90,000
(家賃/全国平均)
1施設当たりの卒園者数
毎年 3.5
(全国平均)
掲載している児童養護施設数
583 施設
目標金額
¥184,575,000
現在金額
¥72,132,067
※1ヶ月に1度更新しています。

バット博士記念ホームに寄付して頂ける方へ

こちらから寄付する方法をお選びください

私達の施設は、子ども達の未来を真剣に考えて下さっている
素敵サポーターに支えられております

わたしたちが応援しております!

社会福祉法人 全国社会福祉協議会
全国児童養護施設協議会 副会長
二葉学園 統括施設長
武藤 素明(むとう そめい)さん
特定非営利活動法人社会的養護の当事者参加推進団体
日向ぼっこ理事長
渡井 隆行(わたい たかゆき)さん

企業スポンサー様

地域の児童養護施設が地域の企業スポンサーを必要としております。お申込みはこちらから

寄付を受けた施設の声

寄付する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

はじめて寄付をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP