まつば園の施設情報

まつば園

まつば園
施設所在地
〒173-0013 東京都板橋区氷川町27-2
施設について
[まつば園の理念]社会福祉法第三条、児童福祉第一条の理念を基礎に児童憲章の精神を追求することを基本としています。
当園は地域に根ざし、ノーマライゼーションの精神を念頭にどんな困難な児童福祉の事業にも対応できるよう児童養護施設を実現させることを基本理念にしています。
また、当園開設以来のモットーである「明るく、正しく、潤いをもって」を主眼に将来の社会的自立に必要な豊かな人格形成を目指しています。

まつば園に寄付をして頂ける方へ

まつば園の声

施設スタッフからの声

施設スタッフからの声もっと見る

当園では、入所している児童達の将来の夢に対して、より良い状況の中でサポートできる施設を目指しています。
高校卒業後には進学、就職などの選択がありますが、どちらを選択に対しても、児童達が安心して園を出て行けるようにしてあげたいと強く思っています。
進学するに当たっても、返済義務のある奨学金を利用することがほとんどであり、学校に通いながらアルバイトの両立をしており、学業に専念できない状況下にあります。
社会に巣立っていく準備段階として、出来る限り学業に専念し、多くの知識をつけさせてあげること、また、能力を向上させてあげたいと思っています。
また、就職を選択する児童もいますが、18歳という年齢での自立は、とても難しいことかと思います。アフターケアで職員たちは、退園生の相談を聞きますが、金銭面で苦労をしてしまい、一人暮らしをしていくことが困難になってしまう退園生が多くいます。
進学、就職をする卒園生に対して、皆様のご支援をいただきながら、職員はサポートしていければと思います。どうそ、ご協力お願い致します。

Q1:退所児童への定期的な資金の寄付があった場合の使い道について教えて下さい。
進学した卒園生には、学費、及び住居代、生活費の援助をさせていただきたいです。就職をした卒園生には、住居代、生活費の援助をさせていただきたいです。
また、施設退所前に、社会に巣立つためのスキルアップとして、将来的に必要と思われる資格取得を積極的にさせたいと考えております。

Q2:退所児童へ満足いくケアをするためにはどのくらいの寄付が年間必要となりますか?
1人の学生に対しては、学業を専念させたいこともあり、住居代と学費援助代があれば助かります。
学費ですと、年間100万円程度、住居については平均すると60万円程度援助があると助かります。
就職した卒園生には年間住居代60万円程度の援助があると助かります。
どうぞ、ご協力お願い致します。

統括主任 山川庸介

ホテル系専門学校へ進学したいもっと見る

この子の夢は、ホテル系の専門学校で多くのことを学び、卒業後にはホテルで勤務し、世界各国の人々を快くおもてなしをしたいと話しています、
在園中には、中国語検定準1級を取得する等、学校以外の学習も頑張っていました。
また、週に4日ほど飲食店でアルバイトをして、進学資金を貯めていました。27年4月より、専門学校に進学しますが、返済義務のある奨学金を利用する状況であります。
1年次の学費は、計画では準備できています。
2年次にかかる100万円の学費と寮費1年分の36万円、合計136万円の支援をいただければと思っております。

職員A 26年度卒園生担当者

介護施設へ就職したいもっと見る

この子は、高校在学中に介護初任者研修の資格取得をし、27年4月より介施設で勤務することとなりました。
親族による支援はなく、一人暮らしをしていくこととなっています。
幼少期に祖母に育てられ、感謝の気持ちから、介護職就くことを決意しました。
在園中の貯金と、助成金でアパートの契約や家財道具を購入し。自立生活をスタートします。
生活が安定していくには1年ほどはかかると思います。
この子の1年間のアパート賃貸料552000円の補助をしていただければと思います。

職員B 26年度卒園生担当者

ホテル内飲食店勤務もっと見る

この子は、高校を卒業後に、ホテル内にある飲食店の従業員として勤務することが決まりました。
住居はシェアハウスが決定しており、助成金を利用し生活必需品などの準備をしました。
高校在学中には、学業のほか、アルバイトに何度もチャレンジし、社会経験をする中で、くじけそうになりながらも、がんばり続け、卒業することが出来ました。生活が安定していくには1年ほどはかかると思います。
この子の1年間のシェアハウス利用料720000円の補助をしていただければと思います。

職員C 26年度卒園生担当者

施設スタッフからの声もっと見る

当園では、システムエンジニアのボランティアの方を招き、月に4回ほどパソコン教室を開催しています。
内容はパソコンの基礎知識のほか、オフィスソフトが活用できるように、学習をしています。
現代社会ではパソコンを利用しないことがないといっていいほど、必須なものと思われます。
毎年卒園生が出ますので、卒園時にパソコンをプレゼントしてあげたいと思います。
実用性のあるパソコンですとオフィスソフトなどがインストールされているものでは10万円ほどで購入できます。
毎年4名ほどの卒園生がいますので、人数分のパソコン代金を支援していただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

職員D 園内パソコン教室担当者

卒園生からの声

卒園生からの声もっと見る

私は、まつば園を卒園して情報処理の専門学校に入学しました。同時に自立援助ホームに入寮して、学校と新たな生活の場に慣れること、また、学費をためるためにアルバイトを週に5回ほどしていました。2年生からは、一人暮らしを始めました。
自分の決断で決めたことでしたが、生活のことを考えてしまうと正直学校の勉強に集中できていない点がありました。
卒園してからは、まつば園の職員と食事をしながら悩みを聞いてもらったことは、私にとって楽しみであり、頑張ることにもつながりました。
卒業もできて、27年4月から、無事に事務関係の職に就くことも出来ました。
これから、まつば園を卒園していく子どもたちに皆さんで支援をしてあげてください。私も、いつか支援をする側の大人になっていきたと思っています。

卒園生A 24年度卒園生 情報処理系専門学生

卒園生からの声もっと見る

私は、まつば園に高校卒業するまで生活をしていました。軽度の知的障がいがあるため、高校卒業後は、一般企業に障がい者枠で働き始め、現在も勤務しています。
今でも、まつば園には月に2,3回は遊びに行き、在園生や職員の方と話をしています。私は、親族がいないので、まつば園は家であり、まつば園に人たちは家族のように感じています。仕事や友達との悩みを聞いてくれ、時には泣いてしまうこともありますが、園の人たちはいつも励ましてくれます。
いつでも、私たちの支えになってくれるまつば園の職員の人たちと一緒に、これから卒園して社会に出て行くまつば園の子ども達に対して、安心して生活できる環境づくりをしてあげてほしいです。

卒園生B 21年度卒園生 会社員

セカンドチャレンジ
卒園する子ども1人の援助
家賃3ヶ月分 90,000
(家賃/全国平均)
1施設当たりの卒園者数
毎年 3.5
(全国平均)
掲載している児童養護施設数
583 施設
目標金額
¥184,575,000
現在金額
¥72,132,067
※1ヶ月に1度更新しています。

まつば園に寄付して頂ける方へ

こちらから寄付する方法をお選びください

私達の施設は、子ども達の未来を真剣に考えて下さっている
素敵サポーターに支えられております

やない ちあき様、おおまち えり様、みらら みらら様

企業スポンサー

(一社)国際医療推進機構様、株式会社ヴィラ・アビゼ様、光歯科クリニック様、英会話スクールToddy's様

わたしたちが応援しております!

社会福祉法人 全国社会福祉協議会
全国児童養護施設協議会 副会長
二葉学園 統括施設長
武藤 素明(むとう そめい)さん
特定非営利活動法人社会的養護の当事者参加推進団体
日向ぼっこ理事長
渡井 隆行(わたい たかゆき)さん

企業スポンサー様

地域の児童養護施設が地域の企業スポンサーを必要としております。お申込みはこちらから

寄付を受けた施設の声

寄付する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

はじめて寄付をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP