児童養護施設とは?

2017年12月04日
新着ニュース

児童養護施設とは?

そもそも児童養護施設とは?
どのような施設なのかについて書いてみます。

児童養護施設とは?

入所対象者は、1歳以上18歳未満の幼児(満1歳から、小学校就学の始期に達するまでの者)及び少年(小学校就学の始期から、満18歳に達するまでの者)である。
場合によっては20歳まで延長できる。乳児(1歳未満の者)はいったん乳児院への入所となります。

子どもたちの生活について

児童養護施設はその形態で大きく分けて大舎制のもの、中舎制のもの、小舎制のもの、またグループホームがあります。

大舎制とは?

大舎制が最も一般的な施設形態であり、1舎につき20人以上の児童が住んでいる。特徴として、一つの大きな建物の中に必要な設備が配置されており、一般的には一部屋5人~8人,男女別・年齢別にいくつかの部屋がある形になっており、食事は大きな食堂で一緒に食べる。共同の設備、生活空間、プログラムのもとに運営されている。

中舎制とは?

中舎制は、1舎につき13人から19人の児童が住んでいる。特徴として、大きな建物の中を区切りながら、小さな生活集団の場を作り、それぞれに必要な設備を設けて生活している。

小舎制とは?

小舎制は、1舎につき12人までの児童が住んでいる。
特徴として、一つの施設の敷地内に独立した家屋がいくつかある場合と、大きな建物の中で、生活単位を小さく区切る場合があり、それぞれに必要な設備が設けられている。大舎制に比べると職員配置など難しい点もあるが、生活の単位が小集団であるために、より家庭的な雰囲気における生活体験を営むことができる。

退所後の生活について

高校を卒業した18歳で児童養護施設を出なければならないが、児童たちは親がいないため住むところがなく、保証人の問題で進学や就職、賃貸住宅の契約、敷金等の捻出などに影響があり、ホームレスになってしまう児童も多い。

子どもたちの夢のために

全国児童養護施設 総合寄付サイトでは退所後でも子どもが子どもらしく失敗しても大丈夫だよといえる生活のために、寄付を通して子ども達の夢を応援しています。

ぜひご協力よろしくお願いいたします。

寄付する

寄付する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

はじめて寄付をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP