• ホーム
  • 私がこの業界を目指したきっかけ

私がこの業界を目指したきっかけ

2018年03月06日
新着ニュース

私がこの業界を目指したきっかけ

私がこの業界を選んだきっかけ

 

私には学生時代に親から虐待を受け深く傷ついている友人がおりました。

当時の私は、そんな友人のために何かできることはないかと

思い自分なりに様々な事を調べましたが結局、当時の自分には何もできず

とても悔しい思いをしていたのを今でも覚えております。

その経験から大学では心理学や社会福祉について学びつつ

児童養護施設などでボランティア活動を重ね児童養護業界の現状を学び考え理解を深めてきました。

そして、大学卒業後の現在は児童指導員として児童養護施設の子ども達と関わり日々過ごしています。

私がこの活動を始めたきっかけ

 

施設にいる子ども達も一般家庭の子ども達と同じで、将来の「夢」や「目標」があります。

私もよく子ども達と将来のお話をします。しかし実際に高校3年生になり進学か就職を

選択する時になると子ども達は就職を選ぶ子が多くを占めています。

その大きな理由として金銭面な問題が挙げられます。

なぜなら施設を卒園してからの子ども達は、生活費などを自分自信で工面しなければならないからです。

だからこそ子ども達が希望する進路に進むためきっかけを創りたいと考えこのような活動をしております。

 

寄付する

寄付・募金する

今すぐ寄付をする

団体が寄付をする施設を振り分けます

施設を選んで寄付

全国の児童養護施設から寄付先を選んで寄付ができます

企業の方へ

企業スポンサーに関するご案内

はじめて寄付・募金をする方へ

児童養護施設登録エリア一覧

PAGETOP